絶滅した「メガロドン」、シャチを5口で平らげる巨大さか 新研究!?

現存するどのサメよりも速く泳ぎ、たった5回噛むだけでシャチを平らげることができる。メガロドン」と呼ばれる絶滅したサメが、研究者の従来の理解を超えた超捕食者だったことを示唆する新たな研究結果が発表された。
[画像】メガロドンとホオジロザメ、歯の大きさを比較。
メガロドンは2300万年以上前に生きていた。歯の化石は豊富にあるが、体が骨ではなく軟骨でできていたため、保存されることはほとんどない。
今回、英国スウォンジー大学の研究チームは、保存状態が極めて良好なメガロドンの脊柱から作成した3Dモデルを用いて、その運動や行動に関する情報を推定することに成功した。研究成果は、17日付の科学誌「サイエンス・アドバンス」に掲載された。
研究チームは、「成長したメガロドンは、現在のどのサメよりも速い絶対速度で泳ぎ、現代の頂点捕食者サイズの獲物を食い尽くすことができたと推測される」と書いている。
研究チームは、ベルギーで見つかったメガロドンの背骨、米国で見つかった歯、ホホジロザメの頭部の軟骨を使って3D骨格を作成した。その後、ホオジロザメの全身をスキャンして、肉がメガロドンの骨格にどのように付着しているかを推測した。
完全な3D画像を作成した後、メガロドンの全身の体積と質量を求め、現代のサメの大きさと比較して、メガロドンの遊泳速度と必要なカロリーを推定したのである。
研究チームは、モデルとしたメガロドンの全長は約16メートル、体重は約6万156キログラムと推定した。全長約7.9メートル、体重約3,620キログラムのシャチサイズの獲物を平らげるには、わずか5回の噛み付きで済むと推定された。シャチは、体長7.9メートル、体重3,620キロの獲物を平らげることができたと推定される。
彼らは生きているサメの中で最も速く泳ぎ、理論上の平均巡航速度は時速約5キロメートルである。このスピードによって、より多くの獲物に遭遇することができ、莫大なカロリーの必要量を満たすことができたと思われる。