神経質な人との付き合い方

  • by

完璧である必要はないと感じさせてください。
神経質な人は、何事も常に完璧にこなさなければならないと思っています。
肩の力を抜いて、「こんなもんでいいか」と思えるところまで物事を仕上げることができないのです。
そのため、仕事や何かを頼まれると「完璧にやらなければならない」と考えてしまい、余計なプレッシャーをかけてしまい、次第にイライラしてきます。
最悪の場合、あなたを責めてしまうこともあるでしょう。
誰かに何かを頼むときは、「完璧じゃなくてもいいんだよ」と言ってあげてください。
もちろん、完璧にやろうと思っても完璧にできる人はほとんどいません。
多少のミスはあって当然ですし、最初の失敗を活かして同じことを繰り返さないようにすることのほうが大切です。
とはいえ、接客は苦手ですが事務的な仕事は得意で、一人で黙々と作業するのが得意という人もいるでしょう。
その人が得意としている点を褒めてあげましょう。
神経質な人の多くは、褒められることを喜びます。
逆に叱られてしまうと、彼らは自分の問題にこだわり続けてしまいます。
しかし、褒めてあげれば自分の存在を肯定し褒めてくれた人に次第に心を開いていくでしょう。
このように、人間関係を良好にするためには、「褒める」ことがとても大切なのです。
しかし、あまり難しく考える必要はありません。
相手を尊重することができれば良い関係を築くことができます。
相手の価値観や考え方を否定せずに話をしてみてください。
また、相手に拒絶されたと感じても笑顔でそっとしておくことができれば、今後の人間関係で困ることは少なくなるでしょう。