朝眠い時の対処方法・おすすめの方法とは

朝起きられないときの対処法
手には、眠気に効く3つのツボがあります。その3つのツボとは合谷(ごうこく)」「中衝(ちゅうしょう)」「労宮(ろうきゅう)」です。3つのツボの位置はわかりやすく、覚えやすい。
合谷は親指と人差し指の付け根の骨と骨の間のくぼみにあり、労宮は手のひらのちょうど真ん中あたりにあります。中指の人差し指側の爪から2mmほど下にあるのが、中衝です。下のイラストを参考に押してみてください。
人間は痛みに敏感な生き物です。これは太古の昔からDNAに受け継がれています。眠りを覚ます方法のひとつに、痛みの力を利用することがあります。両手で頬を引っ張る、太ももを軽くつまむなど、痛みに敏感な部分を刺激すると、人間の脳は危険信号を察知して活性化します。これが眠気を誘うのです。
また、痛みに敏感な部位として足の裏を刺激することも、脳を眠気から覚ますのに有効な方法です。テレビでお笑い芸人が足の裏のツボを押されて苦悶している姿を思い浮かべる人も多いだろう。そこまではいかないが、最近では足の裏のツボを押せるマッサージシートも販売されている。
1.今すぐ眠くなりたい!即効で眠気を飛ばす9つの方法
眠気の原因にはいろいろなものがあります。前の晩に十分な睡眠がとれていなかったというような単純なことかもしれません。あるいは、病気のようなもっと深刻なものである可能性もあります。もしあなたが眠気を感じているのなら、睡眠を飛ばして一日を過ごすための9つの方法をご紹介します。
2.今すぐ眠りから覚めたい!そんな時に使える9つの方法
どうしても眠りから覚められない時ってありますよね。それは長く眠りすぎたからかもしれませんし、病気が原因かもしれません。なかなか目が覚めないとお悩みの方に、寝起きに使える9つの方法をご紹介します。
3.時間があれば、昼寝をするのも効果的!?
時間があれば、昼寝をするのも体を休めるのに効果的です。昼寝をすることで、気分が良くなったり、覚醒度が上がったり、ストレスが軽減されたりします。眠気を感じたら、昼寝で睡眠を飛ばして一日を過ごすことも検討してみてください。
あさシャキは薬局で売っています・販売店はこちらで分かります。